3G終了で影響がある対象機種一覧と機種変更先に選ぶべき機種一覧

3Gの終了はいつか、各社(キャリア)3G終了公式発表

3Gの終了で影響のある対象機種

  • 3G通信専用のガラケーやスマホなどは電話での通話、SMS(ショートメールサービス)送受信、キャリアメール等の電子メール送受信、ホームページ閲覧など通信をともなう機能は全て使えなくなります、3G通信専用スマホや3G通信専用タブレットはWi-Fiやテザリングを利用すればデータ通信は可能です。

ドコモ3G(FOMA)ガラケー一覧

au 3Gガラケー一覧

ソフトバンク3G(FOMA)ガラケー一覧

3Gスマホ一覧

VoLTE非対応の機種を使用している場合どうするか、3g終了前にすべき事

前項の通り3G終了後も電話での通話、SMS(ショートメールサービス)送受信を利用するには、VoLTE対応機種への機種変更が必須となります。

3Gガラケーを使用中の方はVoLTE対応ガラケーへ

  • 3G通信専用のガラケーを使用している場合は、機種変更とともにプランの変更も必要になります。
  • VoLTE対応機種にはスマホだけではなくガラケーもありますので、機種代金や料金プランが高いスマホよりも機種代金や料金プランが安いVoLTE対応ガラケーへの機種変更や新規契約・MNPをおすすめします。

ドコモの4G(LTE)ガラケープラン

ドコモの4G(LTE)ガラケープランは100MBのデータ通信量付きで最安1,200円で利用することができ、かけ放題はオプションとして付けることができます。

プラン名ケータイプラン
最低契約期間なし2年
月額料金1,370円1,200円
dカードお支払割-170円
解約金なし1,000円
データ通信量100MB
データ通信量追加1GB/1,000円~
かけ放題オプション+1,700円
5分通話無料オプション+700円
IMEI制限なし

ケータイプラン – NTTドコモ

ドコモオンラインショップでの機種変更・新規契約・MNPはこちら

auの4G(LTE)ガラケープラン

auの4G(LTE)ガラケープランも100MBのデータ通信量付きで最安1,200円で利用することができ、かけ放題はオプションとして付けることができます、その他にも1GBのデータ通信量付きかけ放題プラン(ケータイカケホプラン)や無料通話付きデータ定額プラン(VKプランS/M)もあります。

プラン名ケータイシンプルプラン
最低契約期間なし2年
月額料金1,370円1,200円
解約金なし1,000円
データ通信量100MB
データ通信量追加500MB/550円~
通話定額(かけ放題)オプション+1,700円
通話定額ライト(5分通話無料)オプション+700円
IMEI制限あり

ケータイ(4G LTE)プラン – au

auオンラインショップでの機種変更・新規契約・MNPはこちら

ソフトバンクの4G(LTE)ガラケープラン

ソフトバンクの4G(LTE)ガラケープランはデータ通信量なしで最安980円で利用することができ、データ通信量やかけ放題はオプションとして付けることができます。

プラン名基本プラン(音声)
最低契約期間なし
月額料金980円
解約金なし
定額(かけ放題)オプション+1,500円
準定額(5分通話無料)オプション+500円
データプラン100MB+300円
データプラン1GB(ケータイ)+1,500円
データ通信量追加1GB/1,000円~
IMEI制限あり

ケータイプラン – ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップでの機種変更・新規契約・MNPはこちら

ワイモバイルの4G(LTE)ガラケープラン

ワイモバイルの4G(LTE)ガラケープランはデータ通信量なしで最安934円で利用することができ、データ通信量(定額)やかけ放題はオプションとして付けることができます。

プラン名ケータイベーシックプランSS
最低契約期間なし
月額料金934円
解約金なし
スーパーだれとでも定額+1,000円
ベーシックパック+パケット定額+300円+0~4,500円(2.5GBまで)
データ通信量追加500MB/500円~
IMEI制限あり

ケータイベーシックプランSS – Y!mobile

ワイモバイルオンラインショップでの機種変更・新規契約・MNPはこちら
  • キャリアメールやキャリア決済が不要という方は格安SIMをおすすめします。
  • 上記の主要通信会社(キャリア)ではケータイプラン対応の指定機種に機種変更しなけばいけませんが、格安SIMであればSIMのみを契約し機種は自由に選択することができます。VoLTE対応機種であればケータイでもスマホ(iPhone/Android)でも、SIMフリーでもSIMロック未解除でも可能なので、中古(白ロム)を購入すれば機種代金を安くすることができます。
  • ただし格安SIMで使用する機種を選ぶ際には、プランの周波数(バンド)に対応した機種を選ばなければ使用エリアが狭くなるので注意が必要です。
  • 音声通話対応で最安の格安SIMはIIJmioの音声通話機能専用SIM(ケータイプラン)です、ドコモ回線かau回線を選択できSIMの申し込みと同時に端末の購入も可能です。

IIJmioの音声通話プラン

プラン名ケータイプラン
タイプDタイプA
回線ドコモau
最低契約期間12ヶ月
月額料金920円
解約金1,000円
通話定額オプション+600円
(誰とでも3分 家族と10分)※1
通話定額オプション+830円
(誰とでも10分 家族と30分)※1
データ通信量なし
データ通信量追加100MB/200円~
IMEI制限なし
対応バンド1/3/19/21/28/421/11/18/26/28/41/42
対応機種ドコモ(SIMロック未解除/解除済み)
au(SIMロック解除済み)
SoftBank(SIMロック解除済み)
Y!mobile(SIMロック解除済み)
SIMフリー
ドコモ(SIMロック解除済み)
au(SIMロック未解除/解除済み)
SoftBank(SIMロック解除済み)
Y!mobile(SIMロック解除済み)
SIMフリー

※1 みおふぉんダイアル(プレフィックス通話)のみ定額対象、090/080通話は通常の通話料

IIJmioでの機種変更・新規契約・MNPはこちら

4G(LTE)VoLTE非対応機種を使用中の方は機種変更を

  • 4G(LTE)VoLTE非対応機種を使用中の方はプランの変更は必要ないですが、VoLTE対応機種への機種変更が必要です。
  • 機種が安く購入できる中古(白ロム)への機種変更がおすすめです。

VoLTE対応機種 – Y!mobile

このページをシェアする

7nekoをフォローする